このホームページについて

このホームページで紹介するブルース・リー(李小龍)のトレーニング法は、彼のビデオ(DVD)や書籍を元にしております。 特にリーがシアトルにて道場を開いていた頃に弟子であったダニー・イノサントさんによるリーのトレーニングの解説が中心です。
トレーニングの動きを分かりやすくするために私自身が実践している写真もあります。
もちろん、リー自身がトレーニングをしている写真やyou tubeにアップロードされている動画も掲載しているので、実際にリー自身がこのHPにて紹介しているトレーニングを実践していたことも確認できます。

ダニー・イノサント=リーの弟子。『死亡遊戯』と言う映画でヌンチャクを使ってリーと戦った人。
ダニー・イノサントとブルース・リー

アイソメトリックスを利用したトレーニング

アイソメトリックス(ISOMETORICS)と言われても、運動にあまり興味のない人にはなんのことか多分分からないですよね。
ということで、まず下記のサイトを参考にしてください。

  • アイソメトリックトレーニングとは

  • 時間も場所も選ばない筋トレ アイソメトリックス

  • 上のサイトをご覧になって、『あぁ、なるほど!』って分かったと思います。
    リーのアイソメトリックスについては
    こちら(リーのアイソメトリックス)

    キング・オブ・カンフー=ブルース・リー(李小龍)はリー自身が開発した器具を用いて、自身の拳法(ジークンドー)のために必要な筋肉をつけるために様々なアイソメトリックスを実践していました。

    当然ながらアイソメトリックスで筋肉をつける以外にもランニングや縄跳び(なわとび)もしていて、ランニングはだいたい3キロ〜6キロぐらい走り、縄跳びは2,30分ぐらいでした。

    私達がよく知っているウェイトトレーニング、例えば重いダンベルを持ち上げたりはあまりしなかったようで、これはブルース・リーがあまりウェイトトレーニングに必要性を感じていなかったためのようです。
    とはいうものの、全くしなかった訳ではなく、2,3日おきぐらいに比較的軽い(私達にとっては重いかも・・)ダンベルやバーベルを回数を多く行ったとあります。 まぁブルース・リーの場合はアイソメトリックスをしっかりやっているしね・・。リーの求めるカンフーに必要な筋肉はアイソメトリックスでほぼ十分だったのでしょう。しかも筋力アップだけでなく、カンフーのトレーニングもしていた訳ですから。

    このホームページで紹介するブルース・リーのトレーニングを実践すれば、個人差はあるものの筋力がついて、体が締まってくると思いますが、食事の取り方にも気をつける必要もありますので、悪しからず。
    炭水化物ばかりじゃなく、筋肉をつけるにはたんぱく質を効率よく摂取する必要もあります。運動しっかりしたからって、ビールガブ飲みやドカ食いは禁物です(笑)
    たんぱく質の摂取に関しては下記のサイトをご参考に。
  • たんぱく質を摂ろう!!


  • このホームページで紹介するトレーニングはブルース・リーが肉体の全盛期のものなので、久しぶりに運動する人は無理せず、自分の体、ペースに合わせて行わないと、次の日しんどくなるので気をつけましょう(笑)

    お助けアイテム

    もっとブルース・リーに近づくために。